パキスタンスーフィー、ラホールでのドール修行についてのブログ


by rabiya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

爆弾テロ

f0047602_1385915.jpg

先日、とあるニュースが耳に入ってきた。
ついに爆弾テロがLal Shahbaz Qalandarの聖者廟を襲ったのだ。
昨年11月にShah Nooraniで爆弾テロがあったときも衝撃だったのだが、テロがついにShahbaz Qalandarでも・・・。しかも木曜日に。
木曜日はSufi達にとってとても大切な曜日である。
ラホールの聖者廟でも毎週木曜日は昼間はカッワーリー(宗教歌謡)、夜はドール(両面バチ打ち大太鼓)が聖者廟で執り行われる。
もちろんそれはパキスタン国内で最も有名な聖者廟のひとつであるShahbaz Qalandar でも同様だ。

Shahbaz Qalandarのウルス(命日祭)は毎年とんでもないことになっている。
廟に人が押し寄せすぎて圧死するする人もいるそうだ。
私達も数回ウルスには行ったが、初めてShahbaz Qalandarのウルスに詣でたときは祭りを楽しむ余裕がないほどに町と祭りに圧倒されたことを今でも鮮明に覚えている。
それは祭り会場である聖者廟とその町だけではなく、そこへ向かうバスや列車から始まっていた。
ラホールから乗り込んだ祭り列車はすでに車両のあらゆるところで、誰かが歌い、誰かがドールを演奏し、誰かが踊り、誰かが蒼い煙をくゆらす。
そして途中の駅では小一時間停車し、その間にランガルを作りふるまわれる。
そんなこんなで、Shahbaz QalandarのあるSehwan Sharifへ到着するころには変な疲れとそして妙なハイテンションに見舞われていた。
普段はすごく小さな町なのだが、ウルスのときは町の規模が大きくなる。
迷いながら町を散策し、インダス川で沐浴し、旗をおさめる人たちと一緒に聖者廟へ向かう。
師匠と一緒のときは演奏する師匠にくっついてあらゆるデラをまわった。
Lal BargではこれからShah Nooraniへ向かう巡礼者と時間を過ごしたこともある。

色んなことがあり過ぎてしんどかったけど、その倍以上に楽しかったShahbaz Qalandarのウルス。
そんなShahbaz Qalandarで起こったテロ。
数年前、ラホールのData Darbarでの爆弾テロもショックだったが、今回のテロはそれ以上にショックを受けた。
これがウルスの時だったらと思うとゾッとする。

今回の爆弾テロで被害に遭われた方には心からお見舞いを申し上げます。
そして、これ以上、何の罪もない人たちが爆弾テロに巻き込まれませんように・・・。
[PR]
# by rabiya | 2017-02-24 13:32 | 聖者廟